Method for Essential Capability & Creativity

ism大網副教室長 溝川誠

「過程が大事」

 Kくんの保護者の方からある日電話で言われたことです。「塾に入ってから勉強に対する姿勢が変わった」と。彼は定期試験期間になると授業がない日でも毎日塾に来て勉強しています。勉強の進み具合が遅い生徒には、授業がない日でも塾に来るよう個別に呼びかけるのですが、彼の場合、こちらから呼びかけたことはありません。塾で勉強する理由は、「塾の方が集中できるから。」当たり前のことかもしれないですが、とてもうれしかったです。

 誉田進学塾では、定期試験対策として過去問を配布したり、予想問題を作成して配ったりといった指導は一切しません。自分で目標を立て、ワークなどを使って自分で勉強を進め、私たちスタッフは、テスト勉強のやり方や進度などを個別にサポートしていきます。出る問題だけをおさえて、目先の結果を出すよりも、自分でしっかりと目標を立てて、そこに向かって努力していく過程を重視したやり方が本当の学力を育てると考えているのです。

 卒塾していった多くの先輩達も自分で勉強する姿勢を身につけ、難関高に進学していきました。Kくんもきっと先輩に続くと信じています。

2012年1月


≫≫≫コラムのトップへ戻る≪≪≪


★ 誉田進学塾のWeb Siteはすべてスタッフの手作りです ★ Copyright (C) by Y.K.JASMEC