Method for Essential Capability & Creativity

sirius鎌取教室長 福田渉

「1本の電話」

 Nさんがsiriusに入塾してきたのは4年生のはじめでした。ちょっとおとなしめで、話すと「うん、わかった」とこっくりうなずく素直な顔が印象的でした。成績は…まぁ普通。クラスの中では真ん中やや下といったところ。入塾して最初のテストでは、どれくらい準備してくればよいのかがつかめずに理科で50点中9点!! でもNさんは実に頑張り屋さんでした。わからない問題があってもくじけずにチャレンジし、質問が多かった時は授業の無い日に塾に来て、教務室で私の隣にちょこんと座って一緒に勉強したりしたものです。

 お母様から連絡があったのは4年生の終わりでした。「群馬に引っ越すことになりました。」 残念でなりませんでしたが、こればかりは仕方ありません。転居先の塾をご紹介し、その後の健闘を祈りつつ送り出しました。

 それから2年あまりたったある日、1本の電話をもらいました。「第一志望校に合格しました。4年生の時に勉強の土台を築いてくれた誉田進学塾の先生たちのおかげです。ありがとうございました。」塾生たちの入試結果に悲喜こもごもの時期でしたが、Nさんからの嬉しい報告に、涙があふれました。お母様からは「あの1年が一番充実していたので、どうしても結果をお伝えしたくてお電話しました。娘の入試は終わりましたが、娘に子どもが出来たらシリウスに入れたいです。その時までがんばって下さい。」とお声をいただいてまた涙。卒業まで伴走することはできませんでしたが、生徒たちはみんな、宝物です。

2012年1月


≫≫≫コラムのトップへ戻る≪≪≪


★ 誉田進学塾のWeb Siteはすべてスタッフの手作りです ★ Copyright (C) by Y.K.JASMEC