Method for Essential Capability & Creativity

premium高校部 大網白里校 校長 矢部裕二

「校舎一丸」

 高校部大網白里校では、開校後初めての受験を迎えました。受験生が目標に向かって必死になっている姿というのは、自然と校舎全体に伝わるものです。

 センター試験まであと数日と迫ったある日、こんな出来事がありました。高校1年生のO君がいつものように元気よく塾に入ってきました。そして、「先生、これあげる。」と言ってビニール袋を私に手渡しました。中身を見てみると、そこにはチョコレートが。

 「先輩達もうすぐ受験本番でしょ。頭を使うと甘いものが食べたくなるから、あげてください。僕、去年の高校受験の激励会の時にもらったチョコレートがすごくうれしくて。」

 そう言い残すと、受験生の熱気あふれるブースへと入っていきました。受験という大きな壁を乗り越えることは簡単な事ではありませんが、決して1人ではありません。校舎スタッフはもちろん、切磋琢磨してきた友人、さらには先輩、後輩たちも含め校舎一丸となって、その壁を乗り越えていきます。

 こうした環境に身を置くことで、ほかの人に力を与えたり、ほかの人から力をもらったり、普段の学習では身につかない人間性というものも磨かれていくのではないでしょうか。

2012年3月


≫≫≫コラムのトップへ戻る≪≪≪


★ 誉田進学塾のWeb Siteはすべてスタッフの手作りです ★ Copyright (C) by Y.K.JASMEC